日本行動計量学会 2020秋の行動計量セミナー


今年はオンラインでの開催決定!!〜実行委員長からご挨拶〜

今年は新型コロナ感染症の蔓延により、日本行動計量学会の名物イベントである春の合宿セミナーを中止しましたが、ご要望も多いことから、当初予定していた2つのコースを2020秋の行動計量セミナーと2021年3月開催予定の春の合宿セミナーにコース別にそれぞれ順延することにしました。
今回、2020秋の行動計量セミナーでは「深層学習」を取り上げ、当該分野をご専門とされる産業技術総合研究所の麻生先生に、オンライン(リアルタイム配信・LIVE型)形式で90分×8コマの2日間の集中講義をお願いしました。
本セミナーを受講すれば、広範な内容を専門の講師から体系立てて学ぶことができます。
1コマあたり準会員は500円、正会員は1,000円という有り得ない価格設定でのセミナー開催は、学会主催のセミナーであるからこそ実現できるものです。
今までの秋の行動計量セミナーと比較しても価格は3分の1となっています。
自らの学びと研究のため、あるいは、教え方のヒントを掴み教育に活かすために、学生、社会人実務家から教員の皆様まで、幅広くご参加をお待ちしております。
申し込み多数の場合には先着順とさせていただきます。どうぞ早めにお申込みを検討ください。

2020秋の行動計量セミナー 実行委員長
大阪経済大学 芳賀麻誉美

申し込みは10月1日に開始しました。

2020秋の行動計量セミナー開催要領

<基本情報>

日時:2020年11月14日(土)〜 11月15日(日)(2日間)
開催方法:オンライン・リアルタイム配信(LIVE形式)
参加費:
準会員(学生):4,000 円
学生非会員:10,000 円
正会員(一般):8,000 円
一般非会員:18,000 円
  ・ 今回、会員申し込みをされますと、会員価格が適用されます。
  ・ 参考:日本行動計量学会年会費 正会員8,000円、準会員5,000円です。
  ・ (詳細はhttp://www.bsj.gr.jp/invitation/)
  ・ 1名の申し込みにつき、1アカウントでの参加が許可されます。
  ・ 許可なく、複数名での視聴、動画の撮影は行わないでください。

参加申し込み
(10月7日より請求書払いが可能になりました)


<プログラム詳細>

「深層学習入門:機械学習の基礎から深層確率生成モデルまで」

        講師:産業技術総合研究所 人工知能研究センター 総括研究主幹 麻生英樹


●コースのご紹介

ビッグデータの増大と計算機の発達によって昨今,急激なブームとなっている「AI:人工知能」。
その人工知能を実現するための機械学習,そして,その実装の一手法である深層学習(ディープラーニング)を,第一線の研究者から直接学ぶコースを設けました!
理論を2日間かけて積み上げながら学び,事例によって理解を深めるプログラムとなっています。この絶好の機会を逃さずにご参加を検討ください。


●講師によるコース概要説明

大量の学習用データが利用可能になったことで、画像認識、音声認識、機械翻訳を始めとして深層ニューラルネットワークを用いた学習が高い性能を示すタスクが増えています。
しかし、学習用データの準備、ネットワークの構造の選択、様々な超パラメータの設定など、学習を成功させるためのノウハウも多く、うまく使いこなすのは難しい面もあります。
さらに、最近では、認識や予測用のモデルだけでなく、確率的生成モデルなども盛んに研究されており、深層学習の応用範囲も広がっています。
本セミナーでは、機械学習・深層学習の基礎から最近の深層確率モデルまでを、具体的な事例も含めながら解説したいと思います。


●講義スケジュール(予定)
 11月14日(土)
 
・ 9:00〜10:30 講義1 導入:機械学習研究の歴史と現状
・10:40〜12:10 講義2 機械学習の基礎
・12:10〜13:00 昼食休憩
・13:00〜14:30 講義3 機械学習の応用(Python を使った事例を含む)
・14:50〜16:20 講義4 深層学習の基礎
・16:30〜17:00 質疑応答

 11月15日(日)
 
・ 9:00〜10:30 講義5 深層学習の発展
・10:40〜12:10 講義6 深層学習の応用(PyTorch を使った事例を含む)
・12:10〜13:00 昼食休憩
・13:00〜14:30 講義7 深層確率モデルの基礎
・14:50〜16:20 講義8 深層確率モデルの応用(Pixyz を使った事例を含む)
・16:30〜17:00 質疑応答



●参加申し込み


10月7日より請求書払いを開始しましたので、ご希望の方は下記をお読みください。
----------------------------------------

<請求書払いご利用の流れ>
本イベントページの「チケットを申し込む」よりご希望のチケットを、支払い方法に「請求書払い」を選択してお申込みください。
詳しい操作方法について

※ お申し込み時に登録いただいた情報をもとにお申し込み後2〜3営業日以内に請求書を発行いたします。
※ 請求書の受取方法にメール(PDF)送付を選択された場合、bounce@makeleaps.com?よりメール送信されます。
※ お支払い期限はお申し込み日より35日後となります。お支払い期限までにご入金の確認が取れなかった場合、ご注文は無効となりますので、改めてお申込みください。
※ チケット販売期限まで35日未満のお申し込みにつきましては、チケット販売期限の9日前を期日とし、順次お支払い期日が短くなります。
※ お振込み後、2〜3営業日以内にお申込みいただいたメールアドレス宛にご注文完了のメールをお届けいたします。メールの内容に従ってチケットをご確認ください
※ 複数人数分のチケットをお申込みいただいた方で、イベント当日、同伴者と別々に来場される場合は事前にチケットを譲渡いただきますようお願い致します。
チケットの譲渡方法について

<請求書払いに関するお問合せ>
 


2020秋の行動計量セミナー実行委員会

実行委員長:大阪経済大学 芳賀麻誉美
副実行委員長:岡山大学 山本倫生
       東京理科大学 土田潤

問合せ先

日本行動計量学会
 2020秋の行動計量セミナー実行委員長 :